読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

恋愛に疲れた?だったら自分にかまってあげよう〜恋愛疲れの対処法〜

 三角関係で拗れたり、相手に嫉妬したり、相手の反応に一喜一憂したり、毎日連絡をとったり、休日はデートしたり…。幸せならそれでいいのでしょうが、恋の終わりやふとした瞬間に「恋愛に疲れた」「恋愛って面倒くさい」なんて思ったことありませんか?

 今回は、そんな人へのアドバイスをしてみたいと思います。ひと息ついて焦らず冷静に考えてみましょう。

f:id:asparkle:20160522133508j:image

恋愛が人生の全てじゃない

 人生の大きな課題である結婚、それに関わる恋愛が人生の大部分を占めるのは確か。かといって、冷静に考えてみて恋愛だけが人生の全てでないのも事実。「恋愛に疲れた」そんなときに無理して恋愛しなくていいんです。恋愛に疲れたということは、いつも特定の人のことを気にして自分を合わすことに疲れたことでもあります。そりゃ、相手のことを考えるのは恋愛では当たり前、恋愛に限らずとも生きていく上で他の人のことを考えずに行動するのは不可欠ですが、「他人や周囲に気を取られすぎて、自分のこと見えてる?」と自問自答してみてください。

自分にかまってあげよう

 恋愛お休み期間があったっていいじゃない。恋愛に疲れたのは、相手を気にしすぎて自分に余裕がないから。ならば、自分にかまってあげましょう。恋愛に充てていた「時間」や「お金」を、今まで自分がやってみたかったことでできていなかったことに費やしてみてください。それも中途半端ではなく、本気でやること。そうすると世界が変わるはずです。

f:id:asparkle:20160522142250j:image

闇雲になってはダメ

 自分にかまってあげようと先ほど書きましたが、気をつけることがあります。それは、その自己投資を「恋愛のためにしない」ことと「他人の目を気にしない」こと。「新しい出会いや振られた彼を見返せるかも」とか「こんな趣味やってたら良く思われるかも」そんな気持ちでやるなら、ものになりませんし、何の意味もないです。男性からみたら愚かにも見えるでしょう。他人からの自分の評価なんて副産物。得たいと思って得られるものではありません。地に足がついてない人を見ると、あなたも好ましく思わないでしょう?自分の心に聞いてみれば、偽りの行動か本気の行動かはわかるはず。本気の行動をしてください。そうは言っても、趣味や仕事、やりたいことに没頭するのはいいとして、恋愛をしていない焦りもあるかもしれません。それは、それらと恋愛を分けて考えればいいんです。大事なのは気持ちに少しのゆとりを持つこと。新しい趣味を心から楽しんでいれば、新しい出会いもあるかもなぁくらいの気持ちで。無理に出会いを求めるなら、婚活サイトや合コンなど出会い目的の場に行けばいいですから。

自分を大切にできたら、今までより良い恋愛だってできる

 本当の意味で自分を大切にできたら、自立した自分になれるはず。ナルシストではありません。他人に頑張っていることをひけらかす必要なんてありません。そんな素振りを見せず、しっかり自分のことをやること。そうすることで、他人にねちねちしたり、すぐに頼ったり、相手の反応に一喜一憂することもなくなります。それは、友達に関しても然り、恋人に関しても然り。新しい出会いがあったときに、かつては「相手を気にしすぎて自分を見失って疲れていた」それは「相手に気に入られたいという地に足の付かない自分」がいたからだと思えるようになれば、今度は自分のことも相手のことも大切にできる幸せな恋愛に一歩近づけるのではないかと思います。

f:id:asparkle:20160522142808j:image

自分の足で立つ!

 自立することで、疲れる恋愛ではなく、結果的に幸せな恋愛にもつながるとポジティブに考えることができます。それは恋愛以外にもいい結果をもたらすはず。他の目を気にしすぎない、逆にどう動いたらどう思われるかまで密かに見通せるような自分を持った人は周囲から見て余裕もあり包容力もあり、女性だけでなく男性からも魅力的に映るはずです。生まれ変わったあなたで、疲れない恋愛にトライしてみては?